スタジオジブリ・レイアウト展

ジブリ アニメ 夏休み

ReENTA tasteトップ >> イベント・公演情報 >> PICK UP情報 >> スタジオジブリ・レイアウト展 その誕生から「崖の上のポニョ」まで

高畑・宮崎アニメの秘密がわかる。スタジオジブリ・レイアウト展 その誕生から「崖の上のポニョ」まで

風の谷のナウシカ、天空の城ラピュタ、魔女の宅急便、もののけ姫、千と千尋の神隠し、紅の豚

もののけ姫 アシタカ

高畑・宮崎アニメの秘密がわかる。 
スタジオジブリ・レイアウト展
その誕生から「崖の上のポニョ」まで


東京都現代美術館 企画展示室1F・B2(東京都江東区三好4-1-1)
開催期間 2008年7月26日(土)~2008年9月28日(日) ※月曜休館(ただし8月11・18日、9月15・22日は開館)
開館時間 10:00~18:00
観覧料 大人・大学生1,200円、中高生900円、小学生600円
※小学生未満無料
■入場日時指定券(入場時間区分 10時/12時/14時/16時)
※入替制ではありません。
※チケットは日時指定の予約制です。LAWSONでお買い求めいただけます。(東京都現代美術館ではお買い求めいただけませんので、ご注意ください。)

主催 財団法人東京都歴史文化財団 東京都現代美術館/日本テレビ
企画制作協力 スタジオジブリ/三鷹の森ジブリ美術館
後援 読売新聞東京本社
協力 EPSON/TOKYO FM/ウォルト ディズニー スタジオ ホーム エンターテイメント


スタジオジブリのレイアウトを初公開
千と千尋の神隠し 千 カオナシ

ジブリ美術館の貴重な作品、約1300点を展示!最新作「崖の上のポニョ」のレイアウトも登場。

≪レイアウト≫とは、一枚の紙に、背景とキャラクターの位置関係、動きの指示、カメラワークの有無やそのスピード、撮影処理など、そのカットで表現される全てが描かれた映画の設計図とも言えるものです。分業化が進んだ現在のアニメーション制作において、作品の統一感を持たせる上で重要な役割を果たしています。実はこの工程は、1974年に「アルプスの少女ハイジ」(ズイヨー制作)で高畑・宮崎監督が初めて本格的に導入したシステムだと言われています。


レイアウトはアニメーション制作の一工程ですが、そこには実際にカメラで撮影したり、正確な数値で構築したものでは感じることができない、作り手たちのイマジネーションにあふれています。一枚の鉛筆画でありながら、アニメーションでしか表現のできない、人の手が実際に描いて作り出す、豊かさを感じる作品となっています。

本展ではスタジオジブリ、三鷹の森ジブリ美術館全面協力のもと、「風の谷のナウシカ」から最新作「崖の上のポニョ」まで、宮崎監督直筆のレイアウトを中心に、両監督がジブリ以前に手掛けた作品も加えたレイアウトを一挙に約1300点を、日本で初めて公開します。


遊ぶ 楽しむ

雑貨 通販 エンターテイナー リエンタ編集室Blog