稲垣仲静・稔次郎 兄弟展

稲垣仲静 稲垣稔次郎 日本画家 型絵染

ReENTA tasteトップ >> イベント・公演 >> 稲垣仲静・稔次郎 兄弟展

美術/アート

稲垣仲静・稔次郎 兄弟展

イナガキチュウセイ・トシジロウ キョウダイテン


兄 仲静は夭折の日本画家、弟 稔次郎は型絵染の人間国宝

稲垣仲静・稔次郎 兄弟展

大正期の日本画壇を風靡した国画創作協会展に、京都市立絵画専門学校在学中より入選を果たし、克明な自然描写の中に、官能性や狂気を表現する画家として将来を嘱望されながら、大正11年に25歳の若さで亡くなった稲垣仲静(1897-1922)。
その弟で染色作家として名をなし、昭和37年に型絵染の人間国宝に認定された稔次郎(1902-63)。

兄弟の父は、日本画家であり工芸図案家でもあった稲垣竹埠(ちくう)で、兄弟でそれぞれの道を継ぐような形となりましたが、その根幹に共通するものは、身の回りの自然を凝視し、形象化しようとする強い意志でした。
弟は早世した兄を終生尊敬し、ことある毎に「兄貴と二人展をしたい。兄貴には負けへんで」と語っていたといいます。今回の兄弟回顧展は、その念願を果たすもので、兄・仲静の数少ないながら現存が確認できた総ての遺作と、弟・稔次郎の代表作を一堂にあつめ、ジャンルが違うとはいえ、近代において自己の芸術創造を模索した二人の軌跡をあざやかに示す展示となります。

京都国立近代美術館、笠岡市立竹喬美術館から巡回し、いよいよ東京での開催です。

【画像】稲垣仲静 ≪猫≫
1919年頃
絹、墨、顔料  額装
71.0×55.6㎝  星野画廊蔵

■同時開催
一点だけの特別観覧「初公開!池大雅の水墨山水画」展
練馬区ゆかりの歴史小説家、故五味康祐氏のコレクションが区に無償譲渡され、約半世紀ぶりに池大雅筆≪比叡山真景図≫が再発見されました。
池大雅(1723~76)は江戸時代中期に京で活躍した文人画家です。このたび修復を了え、初公開展示いたします。


イベント・公演情報
イベント・公演期間 このイベント・公演は終了しました。
会場 練馬区立美術館

2010/08/20 更新

イベント・公演・コンサート


遊ぶ 楽しむ

雑貨 通販 エンターテイナー リエンタ編集室Blog