シルクロード音楽の旅「青年アレキサンダー大王の道」

アレキサンダー大王 ギリシャ エジプト ウズベキスタン 舘形比呂一 藤田敏雄

ReENTA tasteトップ >> イベント・公演 >> シルクロード音楽の旅「青年アレキサンダー大王の道」

音楽

シルクロード音楽の旅「青年アレキサンダー大王の道」

シルクロードオンガクノタビ「セイネンアレキサンダーダイオウノミチ」


若き大王が辿ったギリシャ、エジプト、ウズベキスタンと日本の音楽が結ぶ文化交流のステージ

シルクロード音楽の旅「青年アレキサンダー大王の道」

~民音創立45周年記念公演~

「シルクロード音楽の旅」は、日本の音楽形成に強い影響を与えたシルクロードの音楽・舞踊を求めて1979年から97年までシリーズ10回にわたり、20か国のアーティストを招聘し開催されました。記念すべきシリーズ発足30周年を迎える2009年、当シリーズでは初となる、人物をテーマにした特別公演として、若きアレキサンダー大王に焦点をあて実施いたします。

彼の生誕の地であり、遠征の出発点となったギリシャから、ロードス島を本拠地に活動する「ネリー・ディモグル民族舞踊団」。
最初に文化の華を咲かせ育んだ都市・アレクサンドリアのあるエジプトから、カイロ・オペラハウスを本拠地として、世界的に活躍の場を広げている「カイロ・オペラハウス・アラブ音楽アンサンブル」。
さらには、最果てのアレクサンドリアのあるウズベキスタンからは、国立音楽大学の教授陣と学生を含む民族音楽の演奏グループ「レギスタン」と、新進気鋭の舞踊グループ「オファリン」が参加します。
そして日本からは、キーボード・プレイヤーの仁科愛が参加。3か国との見事なコラボレーションを披露します。
国境を越えた文化交流の道が、シルクロードをよみがえらせます。

■主催 財団法人 民主音楽協会
■後援 エジプト・アラブ共和国大使館、ギリシャ共和国大使館、ウズベキスタン共和国大使館


キャスト

ギリシャ:ネリー・ディモグル民族舞踊団
エジプト:カイロ・オペラハウス・アラブ音楽アンサンブル
ウズベキスタン:民族音楽グループ「レギスタン」、舞踊グループ「オファリン」
日本:仁科愛(キーボード)
司会・解説:舘形比呂一

イベント・公演情報
イベント・公演期間 このイベント・公演は終了しました。
会場 中野サンプラザホール

2009/04/27 更新

イベント・公演・コンサート


遊ぶ 楽しむ

雑貨 通販 エンターテイナー リエンタ編集室Blog