KOUSKY Ⅵ~沢則行 meets 中西俊博~

コウスキー 人形劇 沢則行 中西俊博 オブジェクトシアター チェコ

ReENTA tasteトップ >> イベント・公演 >> KOUSKY Ⅵ~沢則行 meets 中西俊博~

パフォーマンス

KOUSKY Ⅵ~沢則行 meets 中西俊博~

コウスキー6~サワノリユキ ミーツ ナカニシトシヒロ~


ココロがやわらか不思議にうごきだす

KOUSKY Ⅵ~沢則行 meets 中西俊博~

青山円形劇場オブジェクトシアターvol.12は、日本人の人形劇作家・沢則行の小作品集『KOUSKY』を、ジャズ、ポップスヴァイオリンの第一人者・中西俊博とのコラボレーションで上演。

俳優が衝立(ついたて)や幕の後ろに隠れて人形を操るパペットシアターに対して、人形に限らずさまざまな物(=オブジェクト)、仮面、また俳優自身も役柄として登場し、総合的に作品をつくりあげる舞台をフィギュアシアターと呼びます。日本では広くオブジェクトシアターとして知られています。チェコやポーランドで生まれ、世界中に広がった新しい舞台様式です。

KOUSKY(コウスキー)とは、チェコ語でKOUSEK<断片・部品>の複数形。チェコを拠点にヨーロッパで活躍する日本人の人形劇作家・沢則行の小作品集のことです。人形劇であるにもかかわらず、必ずしも人形が登場するわけでもなく、仮面や人形・オブジェといった生命のない「モノ」と、生命をもつ沢という「ヒト」による、せりふのない芝居です。

人形の魔術師・沢則行とジャズ・ポップスヴァイオリン奏者として活躍を続ける音のファンタジスタ・中西俊博の即興的な掛け合いによる「モノ」と「ヒト」と「オト」の不思議な空間に、どうぞご期待ください。

◆出演 
沢 則行/中西俊博

<作・演出・美術>沢 則行
<音楽>中西俊博
<舞台監督>山部俊文(ぱぴぷぺぽ劇場)
<照明>小木曽千倉
<舞台助手>本郷友美
<音響>福本荘一(FULL SPEC)
<制作>鎗野目信雄(こどもの城劇場事業本部)、おいけ家金魚(ぱぴぷぺぽ劇場)、中根由佳子(AX-LEpro)
<宣伝美術>小林真理(STARKA)


イベント・公演情報
イベント・公演期間 このイベント・公演は終了しました。
会場 青山円形劇場

2009/01/06 更新

イベント・公演・コンサート


遊ぶ 楽しむ

雑貨 通販 エンターテイナー リエンタ編集室Blog