死の泉・パサジェルカ

愛 ナチス 平和 娯楽 大人の時間 男優集団

ReENTA tasteトップ >> イベント・公演 >> 死の泉・パサジェルカ

演劇/ダンス

死の泉・パサジェルカ

シノイズミ・パサジェルカ


究極の愛の物語

死の泉・パサジェルカ

時代に翻弄される二人の女主人公・・・・
彼女たちはベルリンの夜に何を見たか―――


死の泉
原作:皆川博子(早川書房刊)
パサジェルカ~女船客~
原作:ゾフィア・ポスムイシ
男は正義を掲げながら破滅へ向かい、
女は幸せを求めながら破滅を受け入れる―――
悲しみの連鎖を解き放て―――

『死の泉』原作=皆川博子(早川書房刊)
夢と現実が交錯する壮大で美しい悲劇――
直木賞作家皆川博子の代表作、吉川英治文学賞受賞の傑作ミステリー!

ナチの狂気が生んだ美と悪と愛の物語が、再びよみがえる。

私生児をみごもりナチの施設(レーベンズボルン)の産院に身を置くマルガレーテは、不老不死を研究し芸術を偏愛する医師クラウスの求婚を承諾した。しかし、激化する戦火の中、次第に狂気をおびていくクラウスの言動に怯えながら、やがてこの世の地獄を見ることに…。

『パサジェルカ~女船客~』原作=ゾフィア・ポスムイシ
アウシュヴィッツ体験者が描く現代ポーランド文学における珠玉の名作
残忍で非人間的な収容所を回想する問題作!

第二次世界大戦後16年。外交官の夫と赴任地ブラジルへ渡る豪華客船で、リーザは遥か大陸へと想いをはせていた。しかし、次の瞬間、彼女の微笑みは激しい動揺に変わるー見覚えのあるひとりの女船客。それは夫にさえ秘したアウシュヴィッツ収容所の過去を甦らせる、女囚の面影だった。

名はマルタ。戦中、ナチス親衛隊員で収容所の看守だったリーザは、どんな狂乱にあっても毅然とふるまう彼女に一目置き、擁護するのだが…予期せぬ再会の船は心の闇へとすべっていく。


キャスト

死の泉Rheingoldチーム
マルガレーテ/三上俊
クラウス・ヴェッセルマン/山崎康一
青年フランツ/曽世海司
少年フランツ/奥田努
青年エーリヒ/小野健太郎
少年エーリヒ/深山洋貴
モニカ/青木隆敏
ギュンター/船戸慎士
ミヒャエル/舟見和利
ゲルト/荒木健太朗
ヘルムート/前田一世

死の泉Walkureチーム
マルガレーテ/三上俊
クラウス・ヴェッセルマン/山本芳樹
青年フランツ/高根研一
少年フランツ/奥田努
青年エーリヒ/小野健太郎
少年エーリヒ/深山洋貴
モニカ/青木隆敏
ギュンター/船戸慎士
ミヒャエル/関戸博一
ゲルト/荒木健太朗
ヘルムート/仲原裕之

パサジェルカSiegfriedチーム
リーザ/曽世海司
ワルター/前田一世
ブラッドレイ/青木隆敏
マルタ/舟見和利
タデウシュ/高根研一

パサジェルカGotterdammerungチーム
リーザ/曽世海司
ワルター/前田一世
ブラッドレイ/山崎康一
マルタ/関戸博一
タデウシュ/山本芳樹

スタッフ

作:『死の泉』 原作:皆川博子(早川書房刊)/パサジェルカ~女船客~ 原作:ゾフィア・ポスムイシ / 演出:倉田 淳 / 舞台監督:本田和男(ニケステージワークス) / 照明:森田三郎・森川敬子 / 音響:竹下亮(office my on) / 美術:松野潤 / 制作:劇団Studio Life

イベント・公演情報
アーティスト・主催 スタジオライフ
イベント・公演期間 このイベント・公演は終了しました。
会場 天王洲 銀河劇場

2008/11/12 更新

イベント・公演・コンサート


遊ぶ 楽しむ

雑貨 通販 エンターテイナー リエンタ編集室Blog