大琳派展 -継承と変奏-

琳派 風神雷神 屏風 本阿弥光悦 俵屋宗達 尾形光琳

ReENTA tasteトップ >> イベント・公演 >> 大琳派展 -継承と変奏-

美術/アート

大琳派展 -継承と変奏-

ダイリンパテン ケイショウトヘンソウ


尾形光琳生誕350周年記念「大琳派展」

大琳派展 -継承と変奏-

2008年は、江戸時代の大芸術家・尾形光琳(1658~1716)の生誕350年にあたります。光琳は、やまと絵の伝統を踏まえつつ、斬新な装飾芸術を完成させ、「琳派」という絵画・工芸の一派を大成させました。

琳派は、狩野派のように世襲による画派ではなく、光琳が本阿弥光悦(1558~1637)、俵屋宗達(生没年不詳)に私淑し、その光琳を酒井抱一らが慕うという特殊な形で継承されてきました。

本展は、その琳派を代表する本阿弥光悦・俵屋宗達・尾形光琳・尾形乾山・酒井抱一・鈴木其一の6人を中心に、わが国の美術に大きな足跡を残したその芸術を展望しようとするものです。絵画、書跡、工芸など各分野にまたがる国宝、重要文化財はもちろん、海外の美術館・コレクターが所蔵する名品も併せて個性豊かな琳派の世界を紹介します。

琳派の特徴のひとつとして、先達の作品に触発されて同じ題材の作品を描いている点が挙げられます。
たとえば「風神雷神図屏風」の場合、宗達の作品(国宝・建仁寺)を光琳が模し(重要文化財・東京国立博物館)、さらに抱一(出光美術館)、其一(東京富士美術館)が光琳の作品を模しています。本展の最大の見所は、こうした同じ主題の著名作品を同時に対比展示することです。これによって、琳派の系譜をより具体的に辿ることができるとともに、各作家の独自性を探るといった試みも可能になります。


イベント・公演情報
イベント・公演期間 このイベント・公演は終了しました。
会場 東京国立博物館

2008/10/02 更新

イベント・公演・コンサート


遊ぶ 楽しむ

雑貨 通販 エンターテイナー リエンタ編集室Blog