松坂慶子の朗読しばい「楽劇 天守物語」

松坂慶子 天守物語 大田楽 伊東温泉

ReENTA tasteトップ >> イベント・公演 >> 松坂慶子の朗読しばい「楽劇 天守物語」

演劇/ダンス

松坂慶子の朗読しばい「楽劇 天守物語」

マツザカケイコノロウドクシバイ ガクゲキ テンシュモノガタリ


松坂慶子ライフワークの「天守物語」再始動!

『妖しさ、美しさ、儚さが魅力の鏡花のの世界と、それを彩る躍動感と色彩美あふれる大田楽の世界』
数々の幻想的な名作を残した泉鏡花。魔界を舞台とした小説には、「草迷宮」「夜叉ヶ池」「海神別荘」などの幻想的な作品が数々あります。その中でも「天守物語」は美しい言葉、全編に詩情あふれた幽艶の世界、質の高い戯曲ゆえ、鏡花の最高傑作とも言われています。
城の天守閣に住む妖怪・富姫と若武者の恋を描いたこの戯曲は、日常と非日常の境、逢ふ魔が時である黄昏時に出会った、美しい妖怪世界と人間世界との対立と隔絶をくっきりと浮かび上がらせます。
「天守物語」をライフワークと考えていた女優松坂慶子は、1999年、朗読劇としてプロデュース公演をしました。その後、総合芸術家・狂言師 野村万之丞(1959―2004)と出会い、その演出により2001年能舞台での「天守物語」を発表、大きな評価を得ました。その際に「天守物語」と万之丞の創作した中世芸能「大田楽」とのコラボレーションが企画されました。
今回の「楽劇 天守物語」は「天守物語」を動きのある朗読芝居として再構成し、市民参加を加えた民衆の芸能「大田楽」の躍りで彩るというものです。


キャスト

松坂慶子 / 松本進(二期会) / 山下晃彦 / 松田一亨 

スタッフ

作:泉鏡花 / 演出:黛りんたろう / 音楽:和田啓(打楽器)/稲葉明徳(管楽器) / 舞台監督:猪ヶ倉大介 / 制作:NPO法人ACT.JT / その他:衣装:江木良彦・松田綾子 / 衣装協力:桂由美ブライダルハウス・きものサロン / ヘアメイク:松本あきお

イベント・公演情報
アーティスト・主催 NPO法人 ACT.JT
イベント・公演期間 このイベント・公演は終了しました。
会場 伊東市観光会館ホール

2008/08/19 更新

イベント・公演・コンサート


遊ぶ 楽しむ

雑貨 通販 エンターテイナー リエンタ編集室Blog