DECADANCE

魔女

ReENTA tasteトップ >> イベント・公演 >> DECADANCE

この国には二百年に一度、魔女が生まれる。

DECADANCE

「この国には二百年に一度、魔女が生まれる。
破壊の言葉を持ったその魔女を生かしておけば、国は滅ぶ。」
舞台は、忌まわしき魔女伝説が語り継がれる、とある王国。
時代とともに現れる魔女と呼ばれる少女を中心に、数百年にわたる革命を描いた一大叙情詩。

I・光と影
後に最後の王と呼ばれる事になる時代。
魔女伝説の言い伝え通り、この国の影を背負う光の御子が生まれ落ちた。
200年に一度という事も、王家に生まれるという事も全て言い伝え通りに。
ただ一つ違うのは、その光の御子が双子であったという事。
破壊の言葉を背負う2人の魔女と運命を受け止めた最後の王の物語。

II・太陽の子
「牢屋には、見た事もない化け物が住んでいる…」その言葉を信じた5人の少年。
城の地下不覚を歩き、扉を開けた。
彼らの目に映るのは一筋の光と破壊の言葉。
そして勇敢な少年達は大人になる。
ある者は王に、ある者は記者に道化師に、革命軍の旗手に、そして世を捨てた学者に。
大人になった少年達と小さき魔女の冒険。

III・ハイノミドリ
2人の男と1人の少女。
永遠に続くと思われた時間は、非情な運命によって引き裂かれた。
これは伝説の始まりなのか、終わりを示すのか…?
魔女はなぜ、【魔女】と呼ばれたのか。
そして彼はなぜ、全てを見届ける事を選んだのか。
「それをしたら、また僕は逢える?今までみたいに、一緒に。あの木の下で…」


キャスト

西田大輔、田中良子、大森裕子、村田雅和、佐久間祐人、加藤靖久、八巻正明、村田洋二郎、中川えりか、岩崎大輔、安藤繭子、竹内諒太、伊藤寛司、一内侑、宮本京佳、大畑真彦、永島真之介、平野雅史、村瀬啓佑、渡部和博、大橋祐子、上原歩、児島功一、塚本拓弥、榊陽介、山崎雄介、南口奈々絵、建みさと、杉山健一、柊瑠美、杉林沙織、井本みさお、国崎誠、前田美香、木村真奈美

スタッフ

作:西田大輔 / 演出:西田大輔 / 音楽:(I)vague・(II)天野月子・(III)奥田祐 / 舞台監督:粟飯原 和弘(有限会社プロジェクト・アイ) / 照明:千田実(CHIDA OFFICE) 南香織(CHIDA OFFICE) / 音響:前田規寛(M.S.W.) / 美術:青木拓也 / 制作:小比賀祥宣 安井なつみ 植野正浩

イベント・公演情報
アーティスト・主催 AND ENDLESS
イベント・公演期間 このイベント・公演は終了しました。
会場 全労済ホール/スペース・ゼロ

2008/07/24 更新

イベント・公演・コンサート


遊ぶ 楽しむ

雑貨 通販 エンターテイナー リエンタ編集室Blog