短編演劇アンソロジー伍 小泉八雲篇【死の微笑】和解 雪おんな より

小泉八雲 小説 アンソロジー 原田一樹 作家 怪談

ReENTA tasteトップ >> イベント・公演 >> 短編演劇アンソロジー伍 小泉八雲篇【死の微笑】和解 雪おんな より

演劇/ダンス

短編演劇アンソロジー伍 小泉八雲篇【死の微笑】和解 雪おんな より

タンペンエンゲキアンソロジー ゴ コイズミヤクモヘン シノビショウ ワカイ ユキオンナ ヨリ


好評の短編演劇アンソロジーシリーズ第5弾! は 日本人の固有の心情に焦点をあてた作家 小泉八雲 をとりあげます。

短編演劇アンソロジー伍 小泉八雲篇【死の微笑】和解 雪おんな より

好評の短編演劇アンソロジーシリーズ第5弾!
わが国の近代文学を取り上げ、日本的なる物、日本人に固有の心象や心情に焦点を当てて舞台化する事を目的とするアンソロジーで、今回、「怪談」で名高い 小泉八雲 を取り上げます。
小泉八雲は周知のように本名をラフカディオ・ハーンといい、アイルランド人の父親とギリシャ人の母親の間に生まれ、両親の離婚までダブリンで暮らしていました。
日本に定住したのは明治二十三年以降であり、松江中学の英語教師となって、以来、出雲その他、日本古来の姿をとどめている土地を廻って、西洋の合理性と対比させた日本人の魂のあり方に着目して様々な著作を残しました。
代表的な評論である「日本人の微笑」は、イギリス人たちが、死に直面してもなお微笑んでいる日本人の不可思議さを指摘したことに対して書かれています。
今回のアンソロジーでは、西洋の目を持って日本を見つめた小泉八雲自身の姿も舞台に登場させ、彼の言葉と作品を、同時に舞台化します。
脚本に新進女優 畝本奈美 を大抜擢。若い感性で書き上げた戯曲を、ベテラン演出家 原田一樹が見事に舞台の上に花開かせます。
出演は 瀬田ひろ美・平野雄一郎 等お馴染みの面々がアンソロジーならではの 語り と 数人の役柄を演じて八面六臂の大活躍!
どうぞ、秋のひととき「私たちの怪談」をお楽しみください。


キャスト

瀬田ひろ美平野雄一郎深町麻子田中修二秋元麻衣子柿森ななこ桝谷裕

スタッフ

作:畝本奈美 / 演出:原田一樹 / 舞台監督:村信保 / 照明:篠木一吉 / 美術:原田一樹 / 制作:瀬田ひろ美

イベント・公演情報
アーティスト・主催 劇団キンダースペース
イベント・公演期間 このイベント・公演は終了しました。
会場 劇団キンダースペースアトリエ(川口市)

2008/08/22 更新

イベント・公演・コンサート


遊ぶ 楽しむ

雑貨 通販 エンターテイナー リエンタ編集室Blog