シティバンクpresents Symphonic NEW YORK ≪ウエスト・サイド・ストーリー≫≪ラプソディ・イン・ブルー≫

ReENTA tasteトップ >> イベント・公演 >> シティバンクpresents Symphonic NEW YORK ≪ウエスト・サイド・ストーリー≫≪ラプソディ・イン・ブルー≫

バーンスタインとガーシュウィンのアニバーサリーを祝うニューヨークな夜

シティバンクpresents Symphonic NEW YORK ≪ウエスト・サイド・ストーリー≫≪ラプソディ・イン・ブルー≫

ニューヨークを象徴する音楽といえば、バーンスタインの≪ウエスト・サイド・ストーリー≫とガーシュウィンの≪ラプソディ・イン・ブルー≫この2大名作をオーケストラとともに楽しむのが『Symphonic NEW YORK』です。今年はバーンスタインの生誕90年、ガーシュウィンの生誕110年にあたり、2人のアニバーサリー・イヤーを彼らの名曲で祝います。≪ウエスト・サイド・ストーリー≫から「トゥナイト」「サムホエア」などの人気ナンバーを歌うのは、日本オペラ界のスター、錦織 健と鈴木慶江。そして、バーンスタイン自身が≪ウエスト・サイド・ストーリー≫の名曲をオーケストラ・コンサート用に編んだ≪シンフォニック・ダンス≫も沼尻竜典指揮、東京フィルハーモニー交響楽団によって演奏されます。ガーシュウィンのジャズとクラッシックが奇跡的に融合されたシンフォニック・ジャズの代表作≪ラプソディ・イン・ブルー≫を弾くのは、ジャズ・ピアニスト山下洋輔。
また昨年ニューヨークの伝統あるアポロシアターの舞台に立ち、その歌声を『100万人に1人の逸材』と絶賛された19歳のシンガーソングライターの清水翔太を特別ゲストに迎えます。この日のコンサートでは、オリジナル曲でオーケストラと初共演するほか、山下のピアノでガーシュウィンの ≪ポギーとベス≫から「サマータイム」を歌います。ベテランと新星との世代とジャンルを越えた本コンサートのみのスペシュアル・コラボレーションをお聴き逃しなく!
主催:Bunkamura
特別協賛:シティバンク銀行株式会社

曲目:
第一部 
L.バーンスタイン『ウエスト・サイド・ストーリー』より
「Maria」「One Hand,One Heart」「Somewhere」「Tonight」
ソプラノ:鈴木慶江、テノール:錦織 健
L.バーンスタイン『シンフォニック・ダンス』他
第二部 
G.ガーシュウィン『ラプソディ・イン・ブルー』
ピアノ:山下洋輔
G.ガーシュウィン『サマータイム』(「ボギーとベス」より)
ヴォーカル:清水 翔太、ピアノ:山下洋輔
ベン・E・キング『スタンド・バイ・ミー』他


キャスト

鈴木慶江(ソプラノ)、錦織健(テノール)、山下洋輔(ピアノ)、スペシャルゲスト・清水翔太(ヴォーカル)
沼尻竜典(指揮)、東京フィルハーモニー交響楽団(管弦楽)、坂上みき(ナビゲーター)

イベント・公演情報
イベント・公演期間 このイベント・公演は終了しました。
会場 Bunkamuraオーチャードホール

2008/06/24 更新

イベント・公演・コンサート


遊ぶ 楽しむ

雑貨 通販 エンターテイナー リエンタ編集室Blog