短編演劇アンソロジー志賀直哉篇 一瞬の交錯

劇団 志賀直哉 文学 小説 剃刀 范の犯罪

ReENTA tasteトップ >> イベント・公演 >> 短編演劇アンソロジー志賀直哉篇 一瞬の交錯

演劇/ダンス

短編演劇アンソロジー志賀直哉篇 一瞬の交錯

タンペンエンゲキアンソロジー シガナオヤヘン イッシュンノコウサク


劇団キンダースペースがお送りする近代作家シリーズ第三弾!

短編演劇アンソロジー志賀直哉篇 一瞬の交錯

異質の出会いがもたらす、瞬間の風景。
志賀直哉の短編は、一瞬の交錯から生まれ、私たちの深層に突き刺さります。
一人のナイフ投げ師と、妻。名人と呼ばれた床屋と、病によってゆがんだ世界。
私達の不安の、最も鋭いあり方が、ここに描かれています。

 

短編演劇アンソロジーで日本の近代文学を取り上げるのは、芥川龍之介篇「南京の基督」「アグニの神」、織田作之助篇「競馬」「勧善懲悪」につづいて、三回目の企画となります。
キンダースペースの文学作品への取り組みは、俳優が一人で小説世界を繰り広げる『モノドラマ』で先行しており、こちらの演目は既に五十本を超えております。

私達が日本の近代文学を取り上げるのは、何よりも先ず私達が、私達自身に特有である(と、私達が信じている)感性や心情の姿をもう一度捉えなおしたいと考えたからです。私たちの感性と呼ばれるものは、はたしてどこにあるのか? これは、私たちだけのものなのか、それとも世界中の誰でも感じうることなのか? 私たちが劇的であると感じ、心を動かす時、それは何によってもたらされる、どのようなものなのか? 

もちろん私達は作り手であり、社会科学者でも心理学者でもありません。まして、日本人の感性が優れているなどと言いたいわけでもありません。ただ、私たちは、小説作品にながれる、極めて独自の心象であると思われる部分を頼りに、演劇と言うものを成立させてみようと考えているだけです。

この独自の感覚とは、何も、花鳥風月の美しさや、時の移り変わりのもたらす無常感ばかりではありません。例えば、芥川の場合、人工的に組み立てられて物語の背後にある危うさや不安であり。織田作の場合、その不安と拠り所のなさを抱えつつも、日本人の持つ無頼のエネルギーであり。

今回の志賀直哉の場合は、偶然の出会いのもたらす闇への執着です。

また一方で、我々の演劇の方法はリアリズムと呼べるものであり、そのおおもとは周知の通り、明治期に「新劇」として欧米から輸入されたもので、演技論のベースにあるものには近代個人主義が反映されています。いまや「新劇」も、確固としたスタイルを持つことで持続しているわけではなく、大きな現代演劇の中に収斂されているように思われます。

短編演劇アンソロジーは、つまり、文学というものを取り上げる事によって、私たちの演劇というものの立脚点もまた、探ろうとするものです。
(構成・演出 原田一樹)


キャスト

瀬田ひろ美・平野雄一郎・小林元香・仲上満・深町麻子・大桑茜・秋元麻衣子・田中修二・西村剛士

スタッフ

作:坂上朋彦 / 演出:原田一樹 / 舞台監督:村信保 / 照明:篠木一吉 / 音響:三枝竜 / 美術:原田一樹 / 制作:瀬田ひろ美

イベント・公演情報
アーティスト・主催 劇団キンダースペース
イベント・公演期間 このイベント・公演は終了しました。
会場 劇団キンダースペースアトリエ

2008/06/13 更新

イベント・公演・コンサート


遊ぶ 楽しむ

雑貨 通販 エンターテイナー リエンタ編集室Blog