GOKAN。

演劇/芸能 イベント

ReENTA tasteトップ >> イベント・公演情報 >> アーティスト・団体・劇団 >> GOKAN。

演劇/芸能

GOKAN。

ゴカン

GOKAN。

GOKAN。

『五感を刺激するエンターテイメント』をテーマに、真摯に表現に取り組んでいます。
さて、小劇場の演劇ってどうでしょう!?
映画より高いのに、つまらなくても途中で席を立てない。
テレビのように有名人ばかりが出ているわけでもない。
どうもひとりよがり的なイメージがある。
そんな演劇界に一石を投じるのがGOKAN。のお芝居です。
なぜ演劇にこだわるのか、
その理由をGOKAN。のお芝居で見つけてください。


某アングラ劇団で知合った真谷傑(シンタニスグル)とその相方が面白いこと探しをしていた頃、
何を思ったかロックバンドばかりのライヴイベントで30分のコント芝居を公演。
アウェー感をヒシヒシと感じながらもしっかり笑いをとる。
その時のコンビ名を、五感を刺激するエンターテイメントを、ということで『GOKAN。』(ゴカン)と命名。

主宰の真谷は元々もの書き志望で、2006年には4度の本公演、毎月恒例になったライヴハウスでのコント、またポッドキャスティングも半年間放送、企画力と喋りでも好評を得た。
脚本の渋谷が執筆作品を外部に発表し始めたのは2007年からで、
最初に応募した「演劇空間」という演劇ポータルサイトの企画公演に脚本家として選ばれる。
「演劇空間」Presents、演劇ムーヴメント第一弾、『4:4:1』を執筆。

2007年は三本の公演を成功させ、2008年6月、第12回目の公演『ステイル・メイト』では、GOKAN。初のシリアスストーリーを解禁。
上演した劇場の観客動員記録を更新し、沢山の好評を頂く。
同年12月、同じくストレートプレイ『REMAIN』を上演。
舞台上で大きな絵本のページを捲り、脚本・構成の面でも好評価を得る。
そして2008年の公演をもって劇団のスタイルを一旦解散。
2009年からは再度セルフプロデュース演劇カンパニーとして活動を継続。
その第壱弾となった第14回公演も大盛況にて成功を収め、2009年12月には第15回公演『Under Water Over Revival』を上演。
そして2010年、渾身の第16作目『カタルシス』の公演を控えている。


団体・アーティスト情報
団体・アーティスト名 GOKAN。
活動拠点 東京都
ホームページ http://gokan.shintanisuguru.net/
イベント・公演情報
GOKAN。 GOKAN。第16回公演 『 カタルシス 』出演者募集! ワークショップオーディション  〆切 5/13(木)
このイベント・公演は終了しました
GOKAN。 カタルシス
このイベント・公演は終了しました
GOKAN。 第15回公演 Under Water Over Revival
このイベント・公演は終了しました
GOKAN。 The 14th performance『Deep Sea Fish』
このイベント・公演は終了しました
REMAIN REMAIN
このイベント・公演は終了しました
第12回公演 『ステイル・メイト』 第12回公演 『ステイル・メイト』
このイベント・公演は終了しました

2010/05/02 更新


遊ぶ 楽しむ

雑貨 通販 エンターテイナー リエンタ編集室Blog